アフィリエイトの種類

アフィリエイト 何が稼げるアフィリエイトにはいくつかの種類があり、
その種類によってやることは多少変わってきます。

そこで、アフィリエイトの種類と各アフィリエイトで
必要なことについて、まとめてお話しようと思います。


種類


アフィリエイトの広告には、
クリック報酬型広告と成果報酬型広告があります。


クリック報酬型広告とは、
一度クリックされるだけで報酬が発生する広告のことで、
Googleアドセンスなどがこれに当たります。


これに対し、成果報酬型広告は、
ネットビジネスの種類で説明したinfotopやA8、moba8の広告に多いです。


トレンドアフィリエイト


クリック報酬型広告でメジャーなアフィリエイトは、
Googleアドセンスからの収入を目的とするトレンドアフィリエイトです。


Googleアドセンスは1クリックが数円~数十円とかなり低いので
トレンドアフィリエイトで大きく稼ごうと思う場合は、
毎日数万PV集めることができるサイトを作成した上で、
毎日のクリック数とクリック率を上げていくことで稼ぐしかありません。


サイトのサイドバーや、上下にこういう(スポンサーリンク)
という広告が出ているのサイトは
グーグルアドセンスでの報酬を目的としているサイトと言えます。

スポンサーリンク


芸能系のニュースサイトなどはアクセスが呼びやすいので、
芸能サイトを作成し、トレンドアフィリエイトをしている人が多いです。


もしあなたが作成したサイトで月10万程度稼げるようになれば、
外注も使うなどして稼ぎを多少大きくすることも可能になります。


ただし、Googleの規約をしっかり頭に入れてからやっていかないと、
すぐに規約違反でアドセンス報酬が没収になってしまいますし、
最近はトレンドアフィリエイトに対するgoogleの目が厳しくなっています。


作ったトレンドサイトが資産になりにくいので、
個人的にトレンドアフィリエイトを長くやっていくことはおすすめできません。


もしトレンドアフィリエイトをやるとしても、
情報発信と並行してやっていくようにした方が賢明だと言えます。


独自の切り口・視点でのサイトアフィリエイト


サイトアフィリエイトとは、
サイトにクリック報酬型や成果報酬型の広告を貼り
そこからの報酬を目的とするアフィリエイトです。


クリック報酬型はトレンドアフィリエイトでお話ししていますので、
ここでは成果報酬型のお話をしていきます。


サイトアフィリエイトで成果を上げていくためには、
パワーサイトを育てて作り込んでいく必要があります。


以前はコンテンツの数が少ないペラサイトを大量に作成し、
どこかで見たことがあるような記事を書いたりしても
上位表示が可能だったのですが、今はそんな訳にはいきません。


グーグルウェブマスター向け公式ブログにも書いてある通り、
独自のコンテンツや付加価値のないアフィリエイトサイトは
検索順位が下がる可能性があります。


つまり、新しく作ったサイトなどは、独自コンテンツで
オリジナル性がないと上位表示され難いということです。


機能的価値が均一のサイトを作成したり、
パクリサイトになってしまっていては反応がとれないということです。

参考:機能的価値とは?機能的価値を丁寧に説明



また、ただ単に被リンクを送れば良いとかの問題ではありませんし、
ペラサイトなど作っていてもほとんど意味がないということです。


一つ一つのサイトでオリジナルコンテンツを含めて書いていくことが、
今後求められており特に重要になってきます。


その場合も、読者の役に立つようなサイトを作り、
独自の視点も含めて記事を書いていく必要があります。


今後アフィリエイトを始める人は、コンテンツボリュームも最初は少ないですし
ドメインの運用期間も、一年、二年と長くやっている人に比べて当然短くなります。


その状態で初心者が、作ったばかりのサイトを、
ドメイン運用期間が長いサイトよりも上位表示させるためには、
自分だけの切り口でコンテンツを作成していく必要があるということです。


自分だけのフィルターでコンテンツを作成していくことと同義です。


現に僕のこのサイトは、ドメインを取得してから一年も経たないうちに、
「ネットビジネス」というキーワードで上位表示されるようになりました。


それはもちろん、独自の切り口でコンテンツを作成し続けてきたからです。


僕のこのサイトは、そこまでコンテンツも多くない段階で上位表示されましたし、
この戦略は、後発組でも初心者でも関係なく誰でも結果を残すことができるのです。


大きく稼ぐためのメルマガアフィリエイト


メルマガアフィリエイトとは、販売する媒体として、
メールマガジンを使ったアフィリエイトのことです。


成果報酬型アフィリエイトの中でも、
最も収益を伸ばすことが可能なアフィリエイトになっています。


まぐまぐであったり、独自配信のメールシステムを使った
成果報酬型のアフィリエイトのことを言うのが一般的です。


それ以外では、メルマガの部数が多くなってきた場合は、
メルマガ広告(一回広告数万円から数十万)を募集したり、
有料メルマガなどを書いて月額収入を得ることも可能です。


ホリエモン(堀江貴文)は逮捕されていた時も、
まぐまぐの有料メルマガ(月額840円の有料メルマガに登録者1万人以上)から
年1億円程度は売上はあったので、メルマガは自分のブランディング次第で
様々な使い方が可能です。


メルマガアフィリエイトでは、メルマガを読んでくれる読者さんが必要です。
メルマガのリスト(メルマガ読者さん)を集める必要があります。


リストがないと何もはじまらないともいえるので、
最初の段階ではリストを集めることに全神経を注ぐ必要があります。


リストの収集方法については以下の記事を参考にしてください。

無料レポートスタンドを利用した集客方法
Youtubeを利用した集客方法
無料オファーを利用した集客方法
Twitterを利用した集客方法


メルマガアフィリエイトを始めるには、まぐまぐ、もしくは、
独自配信システムのメルマガ配信システムの利用が必要になるのですが、
個人的な視点になりますがまぐまぐはあまりお勧めできません。


まぐまぐでのメール配信は無料で可能なのですが、
無料で利用しようとすればまぐまぐの広告が勝手に入ります。


メルマガを使ってビジネスをしようとしている人が、
自分のメルマガに、
他社の広告を載せることほど意味のないことはありません。


この広告を消そうとする場合には、
月額 2,520円(税込)をまぐまぐに支払うことが必要になってきます。


それだけではなく、
まぐまぐはリストを自分で管理できないばかりでなく
(誰が登録しているか分からない)
ステップメールを送ることも出来ません。


ステップメールを送ることが出来ないということは、
メルマガアフィリエイトの利点の一つである
自動化の仕組みを作ることができないということです。


独自配信システムのエキスパートメールクラウドなら、
月額980円でこれらのまぐまぐのデメリットを解消してくれます。


僕自身エキスパートメールは利用しているので、
メルマガをビジネスとして利用することを考えている人には、
こちらのエキスパートメールを使うことをおすすめします。


他には、アスメルというメール配信システムがありますが、
こちらは月額料金3,150円の他に、初期費用として15,750円必要です。


エキスパートメールクラウドであれば初期費用も無料ですし、
月額も980円で安いので、初期費用を出来るだけ安く抑えたい人は
エキスパートメールクラウドで問題ないと思っています。


その余ったお金を他の教材代にまわしたりもできますからね。


機能面で、エキスパートメールクラウドとアスメルでは
違いがほとんどないので、どうしてもアスメルを使いたい!
という人以外は、エキスパートメールクラウドで大丈夫です。


このように販売媒体に着目すればメルマガアフィリエイトですが、
メルマガを使った販売手法の一つとして
爆発的に収益を上げるプロモーションアフィリエイトという手法もあります。


プロモーションアフィリエイトについてはこちらから


爆発的収入とステップメールでの自動化収入


メルマガアフィリエイトをすることの魅力の一つとして、
自動化で稼げるようになることが挙げられます。


ただし、最初から自動化を目指していては上手くいきません。


最初はプロモーションを行い爆発収入を作って、その後はじめて、
爆発的収入を得た実績をもとにステップメールを作っていくべきです。


こうすることで、メルマガで爆発的な100万、1000万の単発収入だけでなく、
長期に渡って安定的に月50万円以上の収益を得られるようになります。


僕はこのメルマガの「仕組み」に働いてもらい、
その時間に他のビジネスの仕組み構築をしているので、
今後自動化で月300万~1000万も目指していきます。


自分独自の視点と切り口


メルマガを始めてステップメールを作れば誰でも稼げるか?
というとそうではなく、サイトアフィリと同様、
自分独自の切り口や視点で書いていく必要があります。


どこかで見た時があるような同じようなメルマガを書いていても
読者にとっては無用なものだし、一度そういう印象を持たれてしまえば、
今後読みたいとも思いません。


初心者には初心者なりの戦略がありますし、
弱者なりの方法で立ち向かっていかないといけないのです。


有名な人がこういう事を書いてたし同じように書こうとか、
その視点自体がおかしいんです。


僕の知り合いの個人でリアルビジネスをしている経営者の方は、
広告を出すときには他の広告を一切見ないと仰っていました。


それは、他の広告を一度見てしまえばそちらに引っ張られて、
自分の切り口で考えて書くことことが出来ないからだそうです。


これはある程度自分の感性が優れていないと難しいですが、
他の人と被らないオリジナル性を出すには、
このようにプロダクトアウト的な視点が必要な場面もあるかなと思います。


競合分析という名の元に色々なサイトやメルマガを見てしまうから
自分の切り口がなくなり、ライバルと同じ切り口になるのであって、
弱者が強者に勝つには、ある程度学んだのであればあえて他を見ない。


ということも必要になってくるかなと思っていますし僕は心がけています。


これも、弱者の戦略の一つと言えます。


そんな僕がどういう切り口で他の人と差別化をしているかは、
僕のメルマガを読んで頂ければ分かると思います。


>>弱者の戦略を学ぶにはこちらをどうぞ

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ