マズローの欲求5段階説を具体例を交えてわかりやすく説明

マズローの欲求5段階どうも、ゆうきんです。

今回はマズローの欲求5段階説についてお話します。

この記事を参考に、マズローの欲求5段階説について十分に学んでください。


今回は、コピーライティングのテクニック的なお話と言うよりも、
心理学や社会学の観点から有名なマズローの5段階欲求について説明します。


GDTの法則でお話しした9つの法則は、コピーライティングの観点から、
マズローの5段階欲求説は、心理学や社会学の観点から話されています。


マズローについては、高校や大学でも学んだ覚えがあるかもしれませんね。


マズローの5段階欲求説はマズローと言うアメリカの心理学者が唱えた説で、
人間の欲求を段階的にピラミッドに見立て、人間の欲求は以下の1から順に
ある程度満たされることで、次の欲求に移行すると考えられている説です。


1:生理的欲求
2:安全欲求
3:親和欲求
4:承認欲求
5:自己実現欲求
6:自己超越欲求


※ 6段階目については、最後に説明します


ただし、人間の心理は複雑であって、常に下から順に上にいくとは限りません。


1が満たされていないにも関わらず、2を飛ばし3や4にいく場合もあります。


基本的には、人間は段階的に欲求を満たしていくということです。


コピーライティングではマズローの欲求5段階説でターゲティングをし、
顧客の感情を動かし、購買意欲を刺激するためにGDTを使えると強いです。


顧客であるお客さんがどの欲求を求めているかをしっかり考えて、
そのお客さんにあったオファーをしていく必要があるのです。


生理的欲求(外的欲求)

生理的欲求

人が生きるための生理現象を満たされるべき最低限の欲求をいいます。


食欲や睡眠欲など、人の命という、生死にもかかわる欲求が生理的欲求です。


例えば、一週間飲み食いしていない人をターゲットとして、
食べ物や水を売ることが出来るのであればほぼ100%売れますよね。


そもそもビジネスとして成り立つには一週間飲み食いしていない人が
大量に存在することが必要ですし、今の物質的に豊かな恵まれた国日本では
飢餓でも蔓延しない以上はこれらの人をターゲットにして売ることはありません。


ですから、この手の生理的欲求を持ち出した話は机上の空論になりがちですが、
世界の創造と破壊の歴史から考えると日本でも可能性はもちろん0ではないのです。


話を戻すと、今の日本では生理的欲求が満たされていない人は少ないと言えますが
生理的欲求は人間の最も動物的な欲求であるからこそ深くて重要な欲求です。


最も動物的な欲求であり人間の遺伝子レベルに関係している欲求であるからこそ、
時と場合によっては
この層をターゲットにして何か商品を売ることで爆発的に売れたりもするのです。



安全欲求(外的欲求)

安全欲求

生理的欲求がある程度満たされて、食べる物に不自由しなくなったとしても
その次は安全で快適に寝れる場所を求めたり、自分の生活を豊かにしたいという
一般的な人間としてごく自然な欲求が生じてきます。


病気の場合を考えると分かりやすいかもしれません。


もしあなたの家族やあなた自身が何らかの深刻な病に侵されているとすれば、
確実に治る薬を提示されることで、あなたは強くその薬を欲するでしょう。


心身ともに安全(健康)でいたいとの欲求が働くからです。


また、もしあなたが経済的に不安定な状態にあるとすれば、
経済的自由を手にする方法を提示されることで少なからず興味を持つでしょう。


自分の生活を豊かにしたいとの欲求が働くからです。


これらが安全欲求です。


親和欲求(外的欲求)

親和欲求

安全欲求が満たされたとしても、人は急に孤独を感じたり、
誰かと一緒にいたい、仲間・恋人が欲しいと思ったりします。


人は永遠に一人で生きていけるような強い生き物ではありません。


我々の祖先はトライブを作り仲間同士で群れを作ってきましたし、
その後はコミュニティになって数を大きくしていき、
長年の歴史を経て今の日本という国のような大きな人の集まりになっています。


このように歴史的に見ても人は必ず群れを作る生き物ですし、
生物学的に見ても証明されてきていることなのです。


また、人は異性を求めて恋人を作ったり、家族を作ったりしようとします。


孤独を感じれば、同じ目的意識を持つサークルや、グループに属したい
と思うのは自然な欲求であって、そう思うのはこの親和欲求が原因なのです。


ここまでは外的欲求と呼ばれるものです。


承認欲求(内的欲求)

承認欲求

ここからは内的欲求と呼ばれ、他人や社会から認められたいという欲求です。


仲間の中で特別視されたい、個人として認められたいという欲求です。


例えば、会社の中で昇進したいであったり、良い大学を目指したい、
良い資格がほしい、高級車や良いマンションに住みたいとの欲求です。


これらの欲求を承認欲求と言います。


親和欲求が満たされたのであればその後に出てくるのは、
その帰属の中で尊敬されたい、認められたいという欲求で、
この承認欲求は人間としてごくごく自然な欲求と言えます。
(何かに帰属しないとその中で称賛されたいという欲求は生じません)


自己実現欲求(内的欲求)

自己実現欲求

一般的には最上位と思われている欲求がこの自己実現欲求です。


自己実現とは自己の人格を発展させるためのものを言います。


社会的に成功を収めた方が、自分がどこまで出来るか試してみたい、
自分の限界に挑戦してみたいなど考える欲求が一つこれにあたります。


例えば、


1000万稼いだ人が一億、一億稼いだ人が十億稼げるか挑戦してみたり、
政治家になった者が総理大臣を目指したい、トップを目指したいなど。


これには、自分の能力や可能性を試してみたいという欲求があたります。


人によってばらばらで、他の欲求に比べて非常に相対的な欲求とも言えます。


この欲求は、物的な豊かさを満たしたいとの思いだけから来るのではなくて、
プライドや向上心が高くその業種のトップを目指したという、
チャレンジ精神に溢れて、ある分野で一流の方が抱きやすい欲求でもあります。


また、物的な豊かさよりも精神的な豊かさを求める場合もこの欲求から来ています。


最近は時代的に、物的な豊かさ(高級車、マンション、高級時計・・・)よりも、
人々はいかに心の豊かさを得て幸せになるかを求める傾向にあります。


この精神的な心の豊かさを求めることも、自己実現欲求からくるものなのです。


マズローの欲求6段階目 自己超越欲求(内的欲求)

自己超越欲求
本来マズローの欲求段階説は5段階欲求説で広く知られていますが、
実はマズローの欲求段階説には6段階目があって、
ビジネスでこの6段階目をターゲットにするのは難しいのですがお話します。


この6段階目はマズローが新たに発表した段階に位置する欲求であって、
他人からの見返りを求めない高尚なステージで、
自我を超え国やコミュニティの為に何らかの目的を達成しようという欲求です。


マズローによると、この段階に達しているのは全人口の2%ほどだそうです。


マザーテレサが貧困や病気に苦しむ人達の救済活動に生涯を捧げるような、
見返りのない慈善的な欲求がこの自己超越欲求にあたります。


多くのビジネスはボリュームゾーンを狙い利益を出すことが大前提ですので、
僕たちコピーライターが全人口の2%しかいないこの層に対して
何らかのセールスレター(コピー)を書くことはほとんどないと言えます。


これらから分かる通り・・・。


あなたはお客さんや見込み客がどの欲求を抱いているかを明確に理解しないと、
一般的に反応のとれるレターをを書いても、的外れになる可能性があります。


そうならないためにも、マズローの欲求5段階説を念頭に置きつつ、
正しいターゲティングで反応のとれるビジネスを行なっていきましょう。



P.S.

もし、マズローの欲求5段階説だけでなく、
心理学やコピーライティングを楽しく学んで
その学びをお金に変えてみたいと思うのであれば、
僕の公式メルマガにご登録ください。


心理学やコピーライティングをただ学んで納得して終わることなく、
その学びを僕のようにお金に変えていく方法をどんどん公開していきます。


登録後すぐに1通目のメルマガが送られてきます。


お楽しみに!

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ