結果に繋がる時間の使い方

時計 時間使い方どうも、ゆうきんです。

今回は結果に繋がる時間の使い方についてお話します。

この記事を参考にして、結果に繋がる時間の使い方を身につけてください。

時間の量と質を見直してみましょう


この業界には、時間の使い方があまり上手くない人が多ように感じます。


多くの人の悩みとして、時間を上手くコントロールできない、
ということが挙げられるのではないでしょうか。


情報発信をしていくということは教育者になるということです。


教育者として価値を提供する側の人間になる必要性を感じている場合には、
時間の使い方が上手くないのでは教育者としての適格にかかわってきます。


価値を提供して指導する教育者失格と言っても言い過ぎではないでしょう。


実際に、僕のところに以下ような相談がよく来ます。


・もう一年近くやっているけど稼げない・・・
・二年もやってるけど月数万程度しか稼げないんです・・・
・結果がいつまでたっても出なくて焦ってます・・・


このように長い間結果が出ないという人が多くいますが、
もし同じだと思った場合は時間の使い方を見直してみると良いかもしれません。


もし、あなたがサラリーマンで夜の8時には帰宅し
そこから毎日アフィリエイトの作業ができるとして、
11時まで作業をしたとすれば3時間の作業量です。


ネットビジネスを専業でやっている人が毎日、
朝に3時間、昼に3時間、夜に3時間やっていたとすると、
合計9時間で3倍の作業量が生じることになります。


休日の作業量のアップを考慮せず、単純計算でいっても
ネットビジネスに専念し毎日9時間作業できる人と比べてら、
1日3時間しか出来ない人は3倍の日数をかけてやっと同じ作業量です。


この業界で半年以内で結果が出るのが早いほうだとすれば、それはその間、
泥臭く多くの時間をビジネスに割いてきたからに過ぎないのです。


もちろん・・・。


作業時間は量だけでなく質が大事なので、1日9時間作業しているつもりでも、
実質働いている時間が1時間だけの場合は無駄な時間が多いことになります。


現にこのように時間の使い方が上手くない人は多くいますし、
これはビジネスをしている人だけには限りません。


ビジネスだけでなく資格試験や大学受験だけでなく、
日々行っている全てのことにも当てはまります。


作業時間を計ってみよう


僕が大学受験合格やロースクールで司法試験の勉強をしていた頃は、
勉強するときはストップウォッチを使って勉強時間を計ってみると良い。
と言われていました。


具体的な方法はこんな感じです。


トイレに行ったりする時間、休憩時間、携帯を見ている時間などは、
ストップウォッチを止めて、それ以外の勉強時間を計ります。


つまり、真摯に脳を動かし勉強している時間だけを計っていきます。


最初はそんな面倒なことしたくないって思うかもしれませんが、
いざこれをやってみると意外や意外びっくり・・・!


机に向かっている時間が10時間あったとしても、
実質的に勉強している時間は、その半分以下だったりするんです。


この事実を知ったときは閲覧注意の衝撃動画並みにショックで、
あぁ、僕はこれほどまでに無駄な時間を過ごしてきたのか・・・。


と鼻をへし折られた気持ちになれます。笑


時間の使い方の重要性を再認識出来るでおすすめです。


時間は金にも鉛にもなる


以上のことから分かるように、時間には質と量の両方があります。


あなたが最短で結果を出すには、どちらか一方だけを
意識し続ければ良いというわけではありません。


ビジネスで最短で成功している人の多くは、例外なく、
量と質の両方にこだわり濃い多くの時間をビジネスに割いてきたと言えます。



あなたはどうでしょうか?


今どのような気持ちを抱き、今後時間をどう使うかによって、
時間は金にも鉛にもなっていくでしょう。


『時間は金にも鉛にもなる』


これはフランスの小説家であるプレヴォの言葉ですが、
時間を無駄に使って過ごしてしまうと、
何にも使い道のない鉛のようなものを生み出してしいますし、
逆に使い方によっては金のように価値あるものにもなるということです。


時間だけは、どんな成功者にもホームレスにも、サラリーマンにも、
学生、子供や老人にも誰にも変わりなく平等に与えられています。


過ぎ去った時間だけは誰にも取り戻すことが出来ません。


もちろん、僕たちも同じです。


どれだけ無駄な時間を過ごしていたとしても、
何も考えずどれだけぼーっとした時間を過ごしていたとしても
遊びすぎてビジネスをほとんどやってこなかったとしても・・・


その時間は一生取り戻すことは出来ないのです。


もし、これまで無駄な時間を多く過ごしてきたと思うのなら、
今この瞬間に反省し、初心に返り未来に歩んでいくべきです。


反省はしても後悔してはなりません。


未来はすでに始まっているのです。

ゆうきんの公式メルマガはこちら

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ