感謝の気持ちと一つの真実

感謝どうも、ゆうきんです。

今回は感謝の気持ちと一つの真実についてお話します。

この記事を参考に、感謝の気持ちの真実について学んでください。


人はみな大切な人がいます。


家族で会ったり、恋人で会ったり、仲間であったり、
メンターであったり、クライアントであったりです。


その中のほとんどの人はあなたを大切に思っているはずです。


あなたのことを大切に思ってくれる人を
あなたは必ず大切にしなければなりません。


人は生まれた時から他者との関係の中で生きているのであって
決して一人で生きてきたわけではありません。


『俺はずっと一人でこれまで生きてきた』と思う人であっても
必ず何らかの他者との関係性の中で生きてきているのです。


たしかにネットビジネスは一人でも完結してしまうので、
他人との関係が煩わしいと思っているような人であれば、
他人との関係を極力少なくしようと思えば可能です。


それでも結果が出てしまうのもネットビジネスの現状です。


しかし・・・。


あなたがネットビジネスでお金を稼ぎ結果を残せるのも、
あなたを信じ商品を購入してくれるお客さんがいるからです。


家族がいる人であれば、
ネットビジネスをすると言って反対された場合であっても
心の中では実は応援されているケースは多くあります。


心の中ではあなたに成功してほしいと思いつつも
ついついお節介で反対してしまう場合もあるのです。


それはあなたのことを大切に思っているからであって、
その気持ちだけはしっかりいただいておけば良いのです。


メンターがいる人であれば、メンターはいつも応援してくれています。


仲間がいる人であれば、その仲間とともに切磋琢磨しているはずです。


これらの応援してくれる人々がいるから、
頑張っている人は今の環境で真摯に全力を注げているのです。


応援してくれる人には、しっかりと感謝の気持ちを持っていきましょう。


今のあなたが在るのは、これら全ての人々がいるからです。


ビジネスとは人と人の繋がりでもありますし、
必ず何かしらの繋がりは必要になってきます。


ビジネスで成功するには、その繋がりを大切にして
あなたを大切に思う人を大切にすることが先決です。


それを分かっていない人は、無意識のうちに
細かなところでその気持ちが現れてしまいます。


例えば、


・起業家がサラリーマンを馬鹿にする
・ライバルを蹴落とし自分の利益だけを優先する
・お客さんをバカにする(あなたを大切に思ってくれる)
・家族を馬鹿にする
・仲間を出し抜こうとする
・裏で仲間の陰口を叩く


などなど・・・。


メール一つとってもそれが現れたりもしますし、
飲み会などの気が緩んだ場でその意識が現れたりもします。


そういうことを言っている(している)のであれば、
回りに回っていつかは相手に伝わってしまいます。


同じような人間も引き寄せてしまいます。


そうなってしまってしまえば手遅れです。


あなたが大切にすべき人はあなたのもとを去ってしまうでしょう。


協力を仰ぐことも出来なくなってしまうかもしれません。


このようなことをしていては、一時的に運よく稼げたとしても
人との繋がりがなくなってしまうので長期的なスパンで考えたら
稼ぐことは出来なくなってしまいます。


そうならないためにも、メールやブログの記事を一つとっても、


・起業家がサラリーマンを馬鹿にしない
・ライバルと共存する事を考える
・お客さんを大切にする(あなたを大切に思ってくれる)
・家族を馬鹿にしない
・仲間を出し抜こうとしない
・仲間の陰口を決して叩いてはいけない



以上のことが大事になってきます。



起業家はサラリーマンがいるからこそ成り立っています。


ライバルがいるから市場で利益を伸ばすことが出来るのです。


ビジネスはお客さんがいないと売り上げがなくなります。


あなたをここまで育ててくれたのは家族です。


仲間と切磋琢磨出来るおかげで、ビジネスで利益を伸ばせるのです。


あなたがコンサルタントの立場なら、
お客さんで今あなたのメールを待っている人や、
クライアントであなたの返事を待っている人がいます。


また、コンサルはクライアントがいるから成り立つのであって
クライアントに感謝し成功するために全力を注ぐべきなです。


感謝の気持ちがあれば、自然と渾身の力を注げるはずです。



以上のことを忘れないでください。


あなたが感謝の気持ちを決して忘れないことが、
結果へと繋がる一つの忘れてはいけない真実と言えるでしょう。

ゆうきんの公式メルマガはこちら

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ