フィルターとは?フィルターの増やし方とその効果

filter

どうも、ゆうきんです。

今回はフィルターの効果とその増やし方についてお話します。

この記事を参考にして、フィルターについての理解を深めてください。

フィルターとは?


フィルターとは、自分自身が世界を見ている独自のレンズであって
僕もあなたもすべての人がフィルターを通じて世界を見ていきます。


フィルターとはその人の主観的な世界の捉え方の一面とも言えます。


ですので、フィルターが歪んでいれば世界は歪んで見えてしまいます。


人間は自分自身のフィルターを通して
理解の及ぶ概念の世界しか見ていないのです。


たとえば、

日本人には虹の色の数が7種類に見えますが、
他の国の人によっては、
6種類、8種類に見えていることもあります。


つまり、人間には、色の概念として
認識している種類の色しか見えていないのです。


日本人には虹が7種類にしか見えないのですが、
他の国には日本人の知らない色を概念として認識している人々もいるので、
その人々には虹が7種類以上に見えたりもします。


また、本を読んでいる時も、
似たような現象が起こります。


新しい本を何冊読んでも新しい知識が増えない人であったり、
読んでいても本の内容がどうしても入ってこない人もいます。


本で、あなたの触れたことのない概念を前提に話が進んでいると、
その概念を前提にした世界が見えず著者の伝えたい内容が見えないからです。


ステージが上がれば様々な角度から世界が見えるようになるとは言われますが、
フィルターが増えればレンズが増えるので様々な角度から見えて当然なのです。


フィルターが増えるということは自分の中の概念やロジックが増えているので
世界がこれまで以上に正確にきめ細かに見えるようになりますし、
これまで気付かなかったものが見えるようになるのはごくごく自然なことです。

フィルターの増やし方とその効果


次にフィルターをどうやって増やしていくかについてお話をします。


フィルターの増やし方は非常にシンプルで簡単なことです。


それは、あなたが自分自身を磨き続けてステージを高め続けることです。


自分自身を磨きステージを高め続ければ、あなたのフィルターは増え続けますし
自分磨きを怠ればその時点からあなたのフィルターが増えることはありません。


ステージは知性と感性から成り立っています。


知性と感性を磨き続けることで、
ステージが高まりフィルターは増えていくのです。


知性や感性を磨くために僕たちは本を読んだり
未知の世界を知るために未知の場所に旅行したり
少し背伸びが必要なお店に足を運んだり様々な分野の映画を見たり・・・


さらには自分よりステージの高い人に会う機会を増やすことで、
自分が知る世界には存在しない新しい世界・概念を加えることができます。


それによって知性と感性は磨かれていきますし、ステージが高まり
あなたのフィルターは増え世界が今以上に正確に見えるようになります。


今後時代がどう流れていくかを読めるようになったり
大きな方向性が見えればそれを細分化して考えたりもできたり。


つまり、抽象から具体のような演繹的な思考ができるようになります。


また、小さな細分化された視点から大きな方向性や大枠が見えるようにもなり、
具体から抽象の流れも見えるようになって帰納的な思考ができるようにもなります。


このようにステージを高めてフィルターを増やし続けることで
物事の構造が様々な視点から正しく見えるようになって
時代時代に応じたビジネスを正確に把握できるようにもなります。


何かにチャレンジして上手くいかない原因の多くは、
最新のテクニックを知らないような些細なことではありません。


人間性を含めたステージがまだまだ未熟であることが大きな原因です。


一つ例を挙げます。


アフィリエイトは比較的簡単で
成功するために必要なエネルギーも極めて少なくてもOK。


にも関わらず、
なぜ多くの人が満足いくレベルで稼げていないかと言えば、
楽して稼ぐことばかりに目がいってしまっているから。


自分を磨いてステージを高めるという視点が
多くの人から抜け落ちてしまっているからです。


この記事を読んでいるあなたはそうならないように、
自分自身を磨き続けることを怠らずにビジネスを実践していきましょう。


特に情報発信(文章を書くこと)をビジネスにしたいのであれば、
成功するためには、自分自身を磨き続けるということに尽きます。


自分自身を磨けば磨くほど、ビジネスはどんどん楽しくなっていきますから。

ゆうきん公式メルマガはこちら

ネットビジネスメルマガ


おすすめの関連記事になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ