永遠に生き続けるパワーサイトのシステムと作り方

uroboros

どうも、ゆうきんです。

今回は、永遠に生き続けるパワーサイトのシステムと作り方のお話です。

この記事を参考にして、どういったサイトが今後長く求められ続けるのかを学んでいってください。


今後アフィリエイトを行いパワーサイトを作成していく上で、
僕たちはどのようなサイトの作成を心掛けるべきでしょうか?


多くの人は一時的にしかアクセスを呼べないサイトを作成しますが、
そのようなサイトを作成しても単発的な報酬しか得ることができません。


稼ぐ系、美容系、スピリチャル、どういったサイトを作っても
継続的に安定して稼いでいけるサイトを作るには
長期的にアクセスを呼ぶための記事を作成していく必要があります。


僕のこのサイトも、基本的に長期的なアクセスを呼べる記事(普遍的な記事)
をメインに作成していっています。


※ 基本的と言ったのは、サイトの瞬発力を付ける為に例外があるからであって、
これについては他の記事や以下の内容で少しだけ説明していきます。


普遍的な記事をメインにコンテンツを作成しているなら
継続してアクセスが呼べますし、ドメインが強くなればなるほど
サイトの更新頻度が落ちてもアクセスが呼べるようになります。


しかし、


全ての記事を普遍的な記事で作成するのではなくて、
サイトの10%前後は一時的にでもアクセスを呼ぶために
トレンドキーワードなども含めて記事を書いていきます。


稼ぐ系であれば、トレンド×ビジネスのように記事を作成します。


その記事が役に立つのであればSNSやソーシャルブックマークで拡散され、
それによって短期でドメインが強くなり他の記事も上位表示を目指せます。


更新が少なくともアクセス数が増えていくサイト


アフィリエイトを始めてサイト作成時に大事になってくることが、
更新が少なくともアクセス数が右肩上がりになるサイトを目指すことです。


アフィリエイトを始めて最初は頻繁に更新し奮励努力していたとしても
疲れていたりプライベートが上手くいかずモチベーションが下がったりして、
急に記事の更新を怠ってしまう時期があるかもしれませんし。


もちろん僕にもそういった時期はあったので、その気持ちはよく分かります。


モチベーションを保てるよう自分のことを知り色々と試みることは大事ですが
それと同程度大事なのは更新が少なくともアクセスが集まる記事作成です。


記事を作成していたら最初はどうしても量にこだわってしまいますし、
質が伴っていなくてGoogleの評価が上がらず
そのままでは半永久的なアクセスを呼び込むのはどうしても難しいです。


量を出していくことで質に転嫁しますので、
最初はそれでも問題ないと断言できます。


質が伴っていない記事は
今後リブランディングで修正すれば良いだけですし
最初は問題ありませんが、
最初からある程度はアクセスを呼び込めるだけでの
強烈なコンテンツ作りを意識する必要があります。


これが、永遠に生き続けるパワーサイト作成時に意識することと言えます。


更新なくアクセスが増え続けるということはGoogleからの評価は良好ですので、
読者視点で見れば役に立つコンテンツが多く含まれているということなのです。

何歳になっても格好良く、若々しく


僕がビジネスだけでなくプライベートも含めて意識していることの一つに、
何歳になっても中身も外見も若々しくあるということが挙げられます。


僕は見た目より若く見られがちですが、
若く見られて決して損することはありません。


たまに大学生に間違われることもあります。笑


特に、僕の知り合いの経営者で50歳、60歳になっても、
肉体的・精神的にも今の20代の平均より若いんじゃないか?
と思う方が多くいらっしゃいますし
肉体的・精神的に若々しい方は年齢関係なくオーラがありかっこいいです。


60歳になって結婚しているにもかかわらず
妻公認で恋愛を楽しんでいたり
何歳になっても新しいビジネスをしたり夢を持ち続けていたりと
今の20代に比べると何倍もエネルギーがあり若々しいとさえ思います。


そのような経営者の方と話をさせていただいた場合だけでなく
書いた文章を読んでいるだけでも、
言葉が体を包み込むような圧倒的なエネルギーを受け取ることができます。


サイトも人と同じで、命ある一つの生き物です。


サイトはサイト作成者の魂が吹き込まれていると言えます。


若々しいエネルギーやオーラを発している方が作成しているサイトは、
そのコピペサイトが存在していたとしても発しているエネルギーが違います。


同じような文章を書く人が他に存在していたり、
同じようなコンテンツを作る人がたとえ存在していたとしても、
吹き込まれたエネルギーが違うので結果が違ってきて当然なのです。


サイトや作成された記事に圧倒的なエネルギーやオーラを吹き込むためにも
あなた自身が素晴らしい人格者になっていく必要がありますし
その為に、まずは年齢関係なく肉体的・精神的に若々しくあるのが大切です。


もし、あなたが作成しているサイトをただの「サイト」と考えてしまったら
その時点でそのサイトの成長は終わりで、今後老けていく一方でしょう。


つまり、数年前は月収100万円稼いでいたにもかかわらず
今は業界からいなくなりバイト生活に逆戻りしてしまった・・・
そんなアフィリエイターと同じ末路を辿ることにもなりかねません。


そうではなくて、サイトに命を吹き込んでいる作成者が、
サイト自体を生きた尊い生命体と考えて若々しく格好良くいられるように
リブランディングでメンテナンスをし続ける必要があるということです。


もちろんこれは、Wordpressサイトであってもhtmlサイトであっても同じです。


稼ぐ系のサイトだけでなく、非稼ぐ系のサイトでも同じなのです。

読者の頭の中にディスニーランドを作り上げる




魂を吹き込まれたエネルギー溢れるパワーサイトの形の一つとして、
ディスニーランドのようなサイトを例に挙げることができるでしょう。


ディズニーランドのようなサイトとはどういうことかと言うと、
見ていて楽しく、時間を忘れてしまうかのようなサイトを言います。


隙間時間についつい色々なコンテンツを見てしまうようなサイト。


コンテンツが充実しており、見ていてワクワクが止まらないサイトのことです。


読者視点で、読者の脳内にディズニーランドが構築されているイメージです。


自分視点で考えたらダメで、あなたがどれだけ良い記事や
素晴らしい記事を書いているつもりであっても、
あくまで読者の立場に立って良い記事と思われなければならないのです。


ビジネスはあくまで人との関わり合いの中に存在するのであって、
外側の世界との繋がりで自己満足の世界を構築すべきではありません。



あなたがどれだけ素晴らしくて良質なコンテンツを含むサイトだと思っていても、
読者の立場に立っていないサイトは求められておらず無価値になってしまいます。


あなたがこのサイトはディズニーランドのように楽しいと思っていて
このページはスペースマウンテン、あっちはスプラッシュマウンテン、
ワクワクして時間を忘れるコンテンツが充実していると思っていても、
読者からしたら近所の公園のどこにでもあるブランコ程度の認識かもしれません。


読者視点に立って、面白くて役に立つ


コンテンツが充実していて、訪れた読者からしたら夢のようなサイト。


見ていて当然に役に立つだけではなく、楽しくてワクワクや興奮が止まらず、
訪れた読者のアドレナリンが爆発してしまうようなサイトを目指しましょう。

機能的価値と感情的価値のバランス


読者の立場でディズニーランドということを考えるのであれば、
ウィキペディア型のコンテンツばかりになってしまってはいけません。


もちろんそれも大事なのですが、それだけでは不十分なのです。


ウィキペディアのように、辞書のようなコンテンツだけが大量にあっても、
調べ物のためにアクセスはあるかもしれませんが、凄い、ヤバい、感動した!
といった印象を持たれることは少ないでしょう。


特にこれからは、その傾向が強くなっていくと考えて間違いありません。


当然、ブランディングができなくなり、
アクセスはあるけど物は売れない、
特に独自企画販売で爆発力がなくなってしまいますし
僕や僕のクライアントさんのように
当たり前のように結果を残すことは難しくなります。


そうなってしまっては長年サイトを運営していても反応は少なく、
ブランディングやリブランディングが難しくなりますし
今後ビジネスとして継続することが困難になってしまいます。


ですので、大事なのはバランスです。


ウィキペディアのように機能的価値を高めるような記事と、
好きになってもらえるような感情的価値を高める記事のバランスです。


ブランディングとはこのことを言います。

ブランディングについてはこちらの記事から詳しく学べます。


今後はこの二つのバランスが特に大事になってきて、
この両輪を極限まで高め続けようと自分自身が進化・成長し続けることで、
サイト自体も素晴らしい進化・成長を遂げていくといえるでしょう。

ゆうきん公式メルマガはこちら

ネットビジネスメルマガ


おすすめの関連記事になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ