三つのNOT(読まない・信じない・行動しない)と四つのNOTの壁

3つのNOTどうも、ゆうきんです。

今回は三つのNOT(読まない・信じない・行動しない)の壁についてお話します。

この記事を参考にして、コピーライティングでの三つのNOTの壁を楽に超えれるようになってください。


三つのNOT


コピーライティングを少しでも学んだ人なら
一度は聞いたことがある言葉かもしれません。


三つのNOTとは何かと言うと、


・読まない(NOT READ)
・信じない(NOT BELIEVE)
・行動しない(NOT ACT)



のことを言います。


僕もあなたも含めて人間に対して何か行動をとってもらうのであれば、
お客さんにはこの三つのNOTの壁を順に一つずつ越えてもらう必要があります。


四つのNOT


たった今、三つのNOTについて説明しましたが・・・


僕は、人間心理を考えるとこの三つのNOTだけでは足りていなく、
あと一つ、一段だけ付け加えて考える必要があると思っています。


コピーライティングで超えるべき壁は三つのNOTではなくて、
突き詰めて考えると四つのNOTの壁があるということですね。


その一つが、気にかけない、というのものです。


つまり、『無視』ということです。


メルマガで言ったら、


メルマガが開かれない(NOT OPEN)の壁


のことを言います。


この無視の段階は、もちろんNOT READの壁の前に立ちはだかりますし、
NOT READの壁を越えることはコピーライターとしての重要課題なのですが、
そもそも、まずはNOT OPENの壁を超えない限り販売という舞台には立てません。


四つのNOTとは、以下の四つを言います。


・開かない(NOT OPEN)
・読まない(NOT READ)
・信じない(NOT BELIEVE)
・行動しない(NOT ACT)



この四つがコピーライティングで越えるべき四つのNOTの壁です。


どれだけ美しくて、論理的で、読者の感情を揺さぶる言葉でコピーを書いても、
そもそも開かれなかったとしたらその素晴らしい文章は意味がありません。


三つのNOTで言われている「読まない」とは、気になって開いてはみたものの、
メルマガであれば出だしがいまいちだったり、レターであれば
ヘッドにインパクトがない等の理由でその先を読む気にならないのが原因です。


ですので、メルマガやレターをそもそも開かれなくなってしまえば、
三つのNOTのステージにたどり着くことも難しくなってしまいます。


情報発信ビジネスをしている人からすれば、これほど辛いことはないですよね。


NOT OPENの壁の超え方


1.ホワイトな手法~NOT OPENの壁を乗り越えろ


NOT OPENの壁の越え方は非常に簡単で、
あなたに興味を持ってもらうことです。


あなたに興味を持っているのであればこの壁は比較的簡単に越えていきますし、
そのためにもっとも効果的でおすすめできる方法は、ブランディングです。


ブランディングによって、ブランドを構築する。


あなたからメルマガがメールボックスに届いた段階で、
「○○さんからメールが来た瞬間に、待ってました!」
と思ってもらえる程度のブランドが必要になってきます。


それほどまでのブランディングができているのであれば
メールBOX内であなた専用のフォルダ分けもされている可能性があるので、
メルマガが届いた瞬間に有無を言わさず開かれるようになっていきます。



2.グレーな手法~NOT OPENの壁をぶち壊せ


こちらの手法はライティングスキルが高くないと諸刃になるのですが、
開封ギミックを使う手法のことです。


開封ギミックとは、メルマガのタイトルをついついクリックしたくなるような
インパクトのあるタイトルにしてメルマガ読者の興味を惹く方法と言えます。


ブランディングができていれば開封ギミックなど使う必要はないのですが、
できていなければ、
多少、開封ギミックを使わないとメルマガが読まれない恐れがあります。


あなたに対して価値を体感していないメルマガ読者に対して、
「おはようございます」とのタイトルで送っても無視される恐れがありますが、
恋人・親友・家族からのメルマガであれば開かれる可能性は高くなります。


それと全く同じですね。


価値を体感していない読者には相手の心を一瞬で揺さぶり、
ついつい気が付いたら開いてしまうような、場合によっては
過激なタイトルでメルマガを作成する必要もあるということです。


例えば、


・反社会的なキーワード
・奇抜性
・喜怒哀楽をそのままタイトルに反映


などでタイトルを作成します。


詳しくは動画内で説明していますので、ぜひ参考にして、ホワイトな手法と
グレーな手法の両方で、NOT OPENの壁を越えれるようになってください。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ