三つのONE~コピーライティングの基礎の基礎

threeoneどうも、ゆうきんです。

今日は、コピーライティングで必要な三つのONEについてお話します。

この記事を参考にコピーライティングの基礎の基礎である3つのoneについて学んでください。


三つのONEは、コピーライティングの基礎中の基礎ノウハウの一つです。


三つのONEとは、

1 One Market(ワンマーケット)
2 One Message(ワンメッセージ)
3 One Outcome(ワンアウトカム)


のことで、


一つのマーケット(One Market)に対して

一つのメッセージ(One Message)を投げかけ

一つの出口(One Outcome)を作ること


を言います。


セールスレターを書く上ではこの三つを意識しているか否かで
成約率は全く変わってくるので気をつけてくださいね。


では早速、この三つの具体的内容についてお話していきます。


One Market(ワンマーケット)



ワンマーケットとは、対象とする市場を一つに決めることです。


アフィリエイトの市場で行くのか、FX系の市場でいくのか、恋愛系の市場か、
さらにはその中の情報発信なのか、ブログなのか、トレンドなのか・・など。


ビジネスではもちろん沢山の様々な市場がありますが、
必ず一つの市場に絞ってコピーを書く必要があります。


一つの市場に絞らないと、反応すべきでないお客さんを反応させてしまったり、
成約率も高くならず、引き寄せたいお客さんも引き寄せれなくなってしまいます。


可能な限り具体的なターゲットを絞っていきましょう。


One Message(ワンメッセージ)



ワンメッセージとは1つのコピーで伝えるメッセージは1つだけという意味です。


あれも伝えて、これも伝えてと伝えるメッセージが多くなると、
情報量が多くなってしまい情報の受け手は混乱してしまいます。


お客さんは基本は、複雑化した思考の中でお金を払っていきますが、
キチンと整理され分かりやすい情報に対してしかお金を払いません。


『混乱した脳は常に”NO”と言う』


コピーライティングを学ぶと一度は聞く言葉ですが、
人間心理を理解した間違いのない言葉と言えるでしょう。


情報は直感的に理解出来る程度にシンプルで分かりやすく。


コピーを書く場合は必ずこれを意識してくださいね。


伝えたいメッセージ一つをシンプルに伝えることを心掛けてください。


One Outcome(ワンアウトカム)



ワンアウトカムとは、一つのコピーの出口を一つに絞るということです。


・メルマガの登録を促したいなら登録リンクだけを与える。

・何かの商品を買ってもらいたいなら、その購入リンクだけを与える。

・他の商材の紹介であったり、他のサイトに飛ぶページは不要。


コピーにおけるゴール(商品を購入してほしい場合は購入リンク)以外の出口は、
お客さんにとって欲しいあなたの目指すべきゴールにおける障害物となります。


出口はシンプルに一つだけを提示する。


入り口から出口まではシンプルな一本の導線を描く必要があります。


この基礎を外さずに、コピーを書いていくことを心掛けてください。


それによってあなたは、成約率が高く、お客さんの十分な反応がとれる
理想のコピーライティングスキルを手にすることに一歩近付けるのです。


今回お話した三つのONEを決して忘れることなくコピーを腕を高めていき、
幸せな生活を実現させるだけのライティングスキルを身につけてくださいね。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ