GDTの法則:人間の九つの欲求

GDTの法則どうも、ゆうきんです。

今回は、コピーライティングにおけるGDT、人間の九つの欲求についてお話したいと思います。

この記事を参考に、GDTの法則について深く学んでいってください。


まず、GDTの法則とは、人間の欲求を9つに分けて、
その9つをG、D、Tの三つに類型化したものです。


人は感情で購買を決定し、後から購買を正当化します。


ですので、その購買の一番の原因となる感情を揺さぶるためにも、
ご自身を含んだ人間の欲求がどのようなものかを知っておきましょう。


以下では、このGDTの法則の三つの類型について説明をします。


GDTの法則の三つの類型



G. Goal (目標)


目標について語りかける。


・Time 時間(時間がかからない)

・ Effort 努力(努力はいらない)

・ Money お金(お金を稼ぎたい)



D. Desire (欲望)


欲望について語りかける。


・Greed 富や名誉 (お金が欲しい)

・Lust 愛、美、性 (美しくなりたい、モテたい)

・Comfort 快適さ (悩みや苦痛から開放され、快適な生活を送りたい)



T. Teaser (焦らす、悩ます)


悩みや心配、興味について語りかける。


・Scarcity 希少性 (期間限定です、今しか買えません)

・Curiousty 興味 (~な方法とは?)

・Controversy 反社会性 (○○組のお金の流れ)



これらの9つの欲求をコピーの中に多く含んで欲求を刺激するほど、
強力な反応のとれる成約率の高いコピーが書けるようになります。


もちろん、これら全ての欲求を刺激する必要はないですし、あなたのキャラや
メルマガの種類、ブログの内容によっては刺激すべきではないものもあります。


ですので、九つの欲求は必要に応じで適材適所で刺激していくことが大事です。


適材適所で使うとしても、
この九つのうち少なくとも三つはレター内に含み刺激するようにしてください、


どんな商品でも売るためにはこれらの欲求のうち三つは刺激する必要があり、
三つ以下ではお客さんのアドレナリンが爆発することはありません。


稼ぐ系、スピリチャル、恋愛系、コミュニケーション・・・などなど


どのような教材であったり商品、企画、サービスであっても
ビジネスとして利益を出すためには
レター中でこの九つのうち三つの欲求を刺激する必要があるのです。


そして、人間の欲求は、G→D→Tの順番に深く強いものになっていきます。


欲求が深くて強いということは、つまり、
“T”にいくほど、お客さんの感情を揺さぶることが可能ということです。


GDTの法則を正しく使えるようになって、人間の欲求に鋭く突き刺さって
必要なお客さんを引き寄せれるコピーライティングスキルを身につけましょう。


GDTの法則での注意点



ここで一つ注意点ですが、”T”については出し過ぎればくどくなってしまいます。


一度考えてもみてください。


毎日メールボックスに届くたくさんの大量の迷惑メールの見たら分かりますが、
ほとんどの方が例外なく希少性を装った文言でメールを送っています。


・期間限定です!
・あと数時間です
・もうこれが最初で最後です



“G”から”T”にいくほど、強調し過ぎることで煽っていると思われますし、
毎回希少性を使うことでその都度信頼残高は下がりお客さんは離れてしまいます。


希少性を煽り過ぎるとブランドが不必要に切り刻まれてしまいますし、
リストが少ないのであればリストがどんどん枯れてしまいます。


ですから、コピーについて相応の鍛練を積み実力がないのであれば、
希少性をむやみやたらに刺激するのは危険なので控えておきましょう。


当ブログではライティングスキルを鍛練する為必要なことをお話していますので、
ぜひ、当ブログで淡々とコピーライティングスキルを高めて経験を積んで下さい。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ