表現を変えて大切なキーワードを何度も伝えることの重要性

キーワードどうも、ゆうきんです。

今回は表現を変えて大切なキーワードを何度も伝えることの重要性についてお話しようと思います。

情報発信をされる方は必ず押さえておいてください。


「キーワードを、表現を変えて、視点を変えて何度も伝える。」


メルマガやブログ、SNSで情報発信をされているのであれば
このようなお話については一度は聞いたことがあるかと思います。


実際に、僕はコンサルティングをやっていてメルマガやブログ、
セールスレターの添削をここ数年で数えきれないくらいやっていますが
重要なキーワードは必ず何度も表現を変えて繰り返すように指導をします。


これは、発信者側が想像している以上に読者は文章を読んでいないからです。


あなたが考える以上に、発信者側のメッセージは受領者に伝わっていません。


発信者側は一度書けばそれで全てを伝えた気になってしまいがちなのですが、
一度書いただけであれば読み飛ばしてしまったり流してしまう場合がほとんどです。


大事なことは何度伝えても伝え過ぎということはありません。


表現を変えて、視点を変えて、様々な角度から何度も伝えるくらいで調度良いのです。


さらに、表現を変えて大切なことを何度も伝えることは
神経学的な観点から考えても重要だということができます。


ノーベル賞を受賞した神経学者のジェラルド・M・エデルマン博士は、
「記憶は脳の一部に貯蔵されているのではなく、思い出す瞬間に毎回再構築される」
と仰っています。


どう言うことかというと、記憶は思い出す瞬間に毎回再構築されるものなので
思い出すたびに毎回形が変わるということです。


情報発信をしている側は、読者に重要なキーワードを繰り返し何度も伝えることで
その都度、受領者側の記憶を再定義させることが可能ということもできます。


ですので、重要なキーワードをメルマガやレターで表現を変えて何度も伝えていけば
その都度新しい意味を持ったメッセージとして受け取ってもらうことが可能なのです。


それも、記憶の引き出しが開けられるたびに記憶は太く濃い情報になっていきます。


つまり、何度も何度も重要なキーワードを伝えて記憶を毎回更新し続ければ
情報はどんどん濃い情報に更新され、記憶に残るものになっていくということです。


このような観点からも、
伝えるべきキーワードは表現を変え視点を変え何度も繰り返すことが重要なのです。


それによって、あなたが伝えたいメッセージを受け取ってもらうことができるのです。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

“表現を変えて大切なキーワードを何度も伝えることの重要性” への1件のフィードバック

  1. たつまる より:

    ゆうきんさん、こんばんわ たつまると申します。

    2回目のコメントです。

    ゆうきんさんのメルマガは初心者みたいな僕でもわかりやすく

    興味が持てるように書いてくださっているので頑張れる気がします。

    今、この瞬間を後々後悔をしない様付いて行きたいと思います。

    これからも ゆうきんさんからのメルマガを楽しみにしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ