Mac上にiPhoneの画面を表示し録画する場合の注意点

iPhone画面撮影どうも、ゆうきんです。

今回はMac上にiPhoneの画面を表示し録画する方法について説明します。

MacとiPhoneの設定が出来ていれば簡単に録画可能です。


Macの新しいOSであるYoshemiteが提供されるようになってから、
MacとiPhoneを接続してQuicktimeplayerを使うことで
iPhoneの画面をMac上で簡単に録画できるようになりました。


スマホゲームの実況をされている方はこの方法で行っている場合が多いです。


※ 録画時の注意点


iPhoneのバージョンがiOS 8以下のバージョンをお使いの場合は、バージョン8.1にアップデートしないとレコーディング「画面録画」出来ませんのでiPhoneのバージョンを8.1以上にアップデートしてください。


アップルの純正のケーブルを使っていないとQuicktimeに「iPhone」が表示されない可能性があります。もし純正のケーブルを使っていない場合は、純正のケーブルを使用し接続してください。


MacのOSはYosemite10.10以上になっている必要がありますので、それ以下のOSの場合は、MacのOSを最新版にアップデートしてから行ってください。


youtubeへの公開方法


Yoshemite


Quicktimeplayerからyoutubeに動画をアップロードできない場合があります。


その場合は、

Youtube名:gmailアドレス

パスワード:アプリパスワードを作成し、
アプリパスワードを入力してから行うようにしてください。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ