進撃の巨人 アルミンから学ぶビジネス論:何も現状を変えることの出来ないあなたへ

進撃の巨人どうも、ゆうきんです。

今回は何も現状を変えることが出来ないあなたへ向けたお話しです。

いつまでたっても現状から何も変化がない。ビジネスで稼ぎたいと思ってもいつまでたっても稼げない。


そう思っている人は少なくはないはずです。


そのような人は、毎日をどのように過ごしているのでしょうか?

 
・まぁ、そう言うことを言ってもいつか現状は良くなるだろう。
・いつか俺にも運が向いてきて、独立も出来るようになるかな。
・いつか金持ちと知り合う機会ができて、良いチャンスが回ってくるでしょ。
・今は稼げていないけど、いつか稼げるようになるかな。
・いつかチャンスが来たら俺も脱サラして~
・景気が良くなったら俺にもチャンスが。
・だから、今はこのままでいつも通りで大丈夫。


などなど・・・


このように色々と考えて日々過ごしているのでしょうか?


そのような人は、いつも何かに言い訳をして生きています。


これは、僕が多くのコンサル生と関わってきた経験から言えるのですが、
言い訳をする人は何かの選択に迫られても常に先延ばしにしています。


中には、今日のランチも自分で決めることができず優柔不断な方もいます。


優柔不断なだけでなく、八方美人の場合も多いです。


全ての人に良い顔をしようとするし、全ての人に好かれようとします。


今自分の持っているものは、何一つ失いたくないと考えます。


これまで築いてきた人間関係は一つも壊したくないし、お金を使いたくもない。


友達は失いたくないし、彼女も失いたくないし、家族も失いたくない。


失敗は一度もしたくない。


でも、いつか成功はしたいし、もっと豊かな生活もしたい。自由にもなりたい。


などなど・・・書き出すときりがありません。


厳しいことを言いますが、それではいつまでたっても現状は変わりません。


全てを失わず全てを守って、何も犠牲を出さず、何も変化を加えることなく
現状を変えることは。難しいのではないかと思います。



変化の先には、成長や進化が待っています。


しかし、少しも変化せずにどうやって成長や進化を遂げるのでしょうか。


僕の好きな漫画の一つに、進撃の巨人という漫画があります。


その中のアルミンというキャラのセリフを抜粋しました。
(引用元:進撃の巨人
 

アルミン


アルミン


前後を詳しくすると、

「後でこうすべきだったって言うことは簡単だ。

でも、結果なんて誰にも分からないよ。

分からなくても選択の時は必ず来るししなければいけない。



何かを変えることの出来る人間がいるとしたら、
その人はきっと、大事なものを捨てることが出来る人だ。




何も捨てることができない人には、
何も変えることはできないだろう。」



最初から何も失わずに全てを得ようとするのであれば、
“二兎追うものは一兎をも得ず”状態になってしまう可能性が高いです。


変化を恐れる人間に、その先の未来を得ることは難しいと言えます。


何か大事なものを得ようとするならば、それ以外の物は全て失う覚悟が必要です。


極論を言うと、自分の一番大事なものまでも失う覚悟が出来ているのかということ。


ビジネスであれば、あなたがこれまで築いてきたものを全て失い、
たとえ恋人も家族とも離れ、貯金を全て使ってしまったとしても、


それでも俺は・私は成功するんだっていう
人間性をも越えた強い気持ちを持っているのか。



あなたには、時には冷酷で残酷な決断をも出来る勇気がありますか?


覚悟を決めた人間は、どんな権力者よりも強くなれるのです。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ