Facebookのエッジランクアルゴリズム

エッジランクどうも、ゆうきんです。

今回は、facebookのエッジランクアルゴリズムについての記事です。

エッジランクとは、あなたの投稿を表示するアルゴリズムのことです。


エッジランクが低いとファンのニュースフィールドに表示されず、
魅力的な投稿をしても読まれないという残念なことになりかねません。


そうならないためにも、Facebookを利用するのであれば、
エッジランクをしっかり高めていく必要があるのです。


エッジランクがどのように決まるかは明確ではないのですが、
これまでにある程度の基準は明らかになってきています。


エッジランクは「親密度」「重み」「経過時間」の3つの要素の
かけ合わせで計算されるということが分かってきているのです。


「親密度」×「重み」×「経過時間」


であなたの投稿が表示されるか否かが判断されるということです。


以下では、これらについて順に説明していきます。

親密度(Affinity)


普段からその人とどの程度コミュニケーションがとれているか?


が見られています。



Facebookで、公式には明らかにされていませんが、

・いいね
・シェア
・コメント
・タグ付け
・メッセージのやり取り



さらに、

・プロフィールページの閲覧


これらが考慮されると言われています。


親密度は一度高まっても放置してしまうとすぐに下がってしまうので、
親密度を保っていくために継続して交流を図っていく必要があります。


重み(Weight)


いいねやコメント数がどの程度集まったかで判断されます。


一つの投稿に多くのいいねやコメントが集まった場合には、
その投稿は重要な投稿としてファンに優先的に表示されるようになります。


また「写真」や「動画」などのほうが、重みが高いと言われています。


経過時間(Time)


その投稿がポストされてからの時間が考慮されます。


つまり、その投稿が新しい投稿か否かということです。


あまりにも古い投稿にいいねやコメントがなされても
上に表示され難いのはこれが原因だと言えます。


まとめ


大きく分けてエッジランクには上記三つが考慮されるのであって、
ビジネスに関係のない写真を投稿する人がいるのはこのためです。


しかし、


エッジランクを高めるためだけにビジネスと関係のない写真を投稿するのは、
ブランディングとの関係を考えると意味がなくあまりおススメできません。


それだけでなく、それでエッジランクを高めても直接的には集客に繋がらず、
ビジネスと関係のない投稿などで積極的に交流を深めていくことは大変です。


ビジネスと関係のない内容でエッジランクを高めても、
ターゲティングのできていない不自然な集客しかできないのです。


これらから分かるように、Facebookではただ単にファンを増やして
無理してエッジランクを高めていけば良いという訳ではありません。


また、FacebookはあくまでもSNSです。


SNSである以上、ファン一人ひとりと交流を楽しんでいくというスタンスで
無理して集客しようとするのではなく、自然な形で活用していきましょう。


SNSはSNS的な使い方をするのが一番なのです。


投稿内容は、ビジネスについてのお話をメインとして、
友人との交流は、自然なSNS的な使い方をしていくこと。


そうすることで自然とエッジランクも高まっていきますし、
Facebookから自然な形で集客できるようになっていきます。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ