コンテンツ作成【第2回】レンタルサーバーの種類と比較・おすすめ

レンタルサーバーどうも、ゆうきんです。

今回はレンタルサーバーの種類と比較・おすすめについてお話したいと思います。

この記事を参考にして、あなたのビジネスに最適なレンタルサーバーを見つけてください。


レンタルサーバーの種類


ロリポップ
さくらサーバー
エックスサーバー

これ以外でも多くのレンタルサーバーがありますが
個人でネットビジネスをやっていく場合には
この三つの中のいずれかをレンタルして使っていくことが多いです。


比較・おすすめレンタルサーバーは?


1.サーバーの安定性


2013年から2015年にかけて
ロリポップサーバーは大規模攻撃を受けて
WEBサイトの改ざん被害が多発し、
それによって多くのサイトが使えなくなりました。


それ以降、サーバーのセキュリティは強化されていますが、
セキュリティ強化のため
個人的には以前より不便になった箇所もあると感じています。


何のサイトを作るかにもよりますが、
頻繁に更新するサイトを作り込んでいく場合は
エックスサーバーがおすすめです。


月1000円程度の価格にもかかわらず、
サーバーの安定性が極めて優れています。



2.サポート体制


ロリポップは電話対応をやっていませんので、
何か躓いたときはメールでお問い合わせをすることになり
返信まで約1日~3日ほど掛かることがあります。
(※2015年から月額2000円~のビジネスプランで電話対応を開始)


一方、Xサーバーは電話対応もやっていますし、
分からない事があれば即丁寧に教えてくれます。


さくらサーバーも電話対応はしているのですが、
問題はワードプレスブログの表示速度です。



3.サイトの表示速度


僕はサーバーを三つともレンタルして使っていますが、
それぞれのサーバーで表示速度に明らかな違いがあります。


・外部的な表示速度: lolipop<さくら=エックスサーバー
・内部的な表示速度(更新速度など): lolipop<さくら<エックスサーバー



と、体感としてこのような結果になっています。


外部的表示速度はさくらとエックスサーバーで違いは感じられませんが、
内部的な表示速度はエックスサーバーの方が多少早いと感じています。


ですので、

以上の点を全て考慮して、サイトを中心にビジネスを展開させていくなら、
長期的な視野で考えて最も安定しているエックスサーバーがおすすめです。


第3回の記事はこちらから。
ドメイン名の決め方

ゆうきん公式メルマガはこちら

ネットビジネスメルマガ


おすすめの関連記事になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ