情報発信に慣れていない人がWordPressでコンテンツ作成前にすべきこと

情報発信スタートどうも、ゆうきんです。

今回は、情報発信に慣れていない人がWordPressでコンテンツ作成前にすべきことをお話しします。

この記事を参考に、情報発信に慣れていない場合には、コンテンツ作成前に何をすべきか学んでください。


WordPressは慣れていないとどのように制作すれば良いか分からず、
使い慣れていない場合は難しく感じてしまうことがあるかと思います。


使い慣れていないとWordPressブログでの情報発信は一筋縄ではいかず、
今後の作業をスムーズに進めていくことが期待できないことになります。


そのためあなたがWordPressに慣れていなければ、
情報発信を必要以上に難しいと感じることもあるかもしれません。


ですのでWordPressでコンテンツ作成前にすべきことをまずはやって、
その後にWordPressの制作にとりかかっていくことで
スムーズにWordPressを使った情報発信を行うことができるのです。


情報発信に慣れていない場合に何をすべきかを以下では説明しますので、
以下の内容を参考にしてスムーズに情報発信できるようになってください。


何を発信すべきかが理解できていない場合


僕のようにメルマガやワードプレスサイトで情報発信しようと思いつつ、
情報発信に慣れていないと何を発信していけば良いか迷う場合があります。


その原因は個別に聞いてみないと一概に言うことは難しいのですが、
一つの原因として十分にインプットができていないことが挙げられます。


その場合は僕のこのサイトの初心者の方への記事を読んで、
まずはネットビジネスの最低限の知識を身につけておくと良いでしょう。



ある程度の結果を出すために身につけるべき知識は極めて少ないので、
僕のコンテンツで学んでおけば十分なので是非学んでみてください。


何をすべきか理解した気になっていて実は理解していない場合


何を発信したら良いか分かっているはずなのに、
実際に行動出来ない場合はこれにあてはまる可能性があります。


しっかり学んで何を情報発信すべきか理解しているはずなのに、
実際に手を動かす事ができないなどの症状が現れることがあります。


分かった気になって間違っているという厄介なパターンです。


その場合は、僕のサイトだけではなく、APA企画で多方面から、
現在の知識をブラッシュアップしてみると良いでしょう。



現在は一つの知識を偏った視点からしか見れていないのかもしれませんが、
一つの知識を色んなメガネを持って多種多様な角度から見ることによって
その一つの知識に対しての深い理解を得ることができるようになります。


それによって”本当は”何を発信すべきなのかに気付けるはずです。


間違った知識が身についてしまえばそれが硬直化してしまい、その後、
その知識を前提としたスタイルの修正は極めて難しくなる可能性があるので、
最初から正確なインプットで正しいスタイルを身につけるべきなのです。


インプットはできているけど情報発信に慣れていない場合


1.アメブロを活用する


この場合はどんどん手を動かして作業をしけば結果に繋がっていきますので
まずは情報発信に慣れる為にもアメブロでの情報発信を行うと良いでしょう。


無料ブログ(アメブロ)での情報発信から始めていき、
徐々に有料のワードプレスサイトに移行していけばいいです。


アメブロは扱いが非常に容易でかつアクセスが集まりやすいので、
最初は情報発信する楽しさ&情報発信がどういうものかを知るためにも
無料ブログのアメブロで情報発信を行っていくと良いでしょう。



2.Twitter,Facebookを使い小さな発信から始めてみる


アメブロで情報発信に慣れてみてくださいと言ったところで、
文章を書くことに慣れていないので記事を書くのに時間がかかったり
500文字程度の文章も最初はなかなか書けないという場合があります。


もしそう感じるのであればまだ長い文章を書くこと自体に慣れていないので、
まずはTWitterやFacebookで短い文章を書くことから初めてみるべきです。


その場合は何か文章を書こうと言う意識を持つのではなくて、
ビジネスに対する今の気持ちや情熱を独り言のように発信してみる
という気持ちで良いでしょう。


まずは短い発信に慣れた後に、その後長めの発信に慣れていく。


最初から長めの文章を書こうとする必要はありませんし、
最初は誰でも長い文章を書けるというわけではありませんので、
安心して楽しみながらSNSでの発信で徐々に力をつけていきましょう。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ