ココナラ(coconala)が儲かる仕組み&アイディアの源泉&作成動画

coconalabusinessどうも、ゆうきんです。

最近ココナラというサイトにはまっていて時間があればサイトを隅から隅へと見てしまっています。

面白いサービスがあるので、アイディを出したい場合には役に立つかもしれませんね。


簡単にこのココナラ(coconala)の説明をしますと、
ココナラとは個人が出品しているサービスの売買を
ワンコイン、500円で行うことが可能なサイトです。
(※ 無料の出品も可能です)


このサイトです。
ココナラ(coconala)


アイディアの源泉&作成動画



このサイトを見ていたら面白いんです。


起業家やアフィリエイターは自ら生み出したサービスを販売しているのですが、
それだけでなく、占い師、行政書士、弁護士、医者、ホストのような業種の方も
サービスを販売しているのです。


中には、女子大生が愚痴をひたすら聞き続けますというサービスもあり、
そういうサービスも売れたりしているんですね。


ここまで来たらアイディア次第でどんなサービスでも売れるなって感じで、
アイディア力や企画力がものを言う世界になってきます。


これまで情報販売は敷居が高くてなかなか手を出せなかったとしても、
これだったら簡単かつ気軽に情報販売を行っていくことが出来ます。


実は先月、このサイトの出品者がどのようなサービスを販売しているか
確認するために、興味が持てたものはほとんど購入してみたんです。


まぁ、自分でもよくこれほどまで購入したなという感じなんですが・・・


中には「あーこれ販売しちゃいますか」ってのもありましたし、
ココナラ内でアップセルやクロスセルバックエンドを絡めてくる人もいて、
色々と考えてるなと思って見ていたのですが・・・


中でも気に入ったサービスの一つは動画関係です。


こちらが作成してもらったの動画の一つです。





ね、面白いでしょ?


新しい広告の一つとして、こういうものもありかなと思います。


動画を作るにしても、こういう遊び心があるような動画だと、
ソーシャルメディアでも拡散されやすいですね。


ツイッターでは面白画像や面白動画は拡散されやすいですし
広告一つを作るにしても、
SNSで拡散されやすいもの作ってみたら良い結果を招きやすくなります。


ココナラ(coconala)が儲かる仕組み



ココナラのようにプラットフォーム提供型のビジネスは多くあります。


プラットフォーム提供型ビジネスとは、
ビジネスを行うためのインフラ(基盤)を提供するビジネスです。


FacebookやGoogle、アップル、楽天やGreeなども同じと言えます。


ココナラ運営側がどうやって利益を出しているかと言えば簡単で、
取引されたサービスの30%をココナラ側が手数料として頂くことになっています。


つまり、僕が何かサービスを500円で出品して、そのサービスが売れた場合には、
ココナラ側が500円の30%、150円を手数料として頂くという仕組みなのです。


楽天でネットショップを出店しようとする場合に毎月の月額料金や、
システム利用料の名目で費用がかかるのと仕組みは全く同じです。


ココナラや楽天があなたの変わりに集客してきてくれる代わりに、
色々と費用を払ってねってことです。


最初は独自ドメインでサイトを作ったりネットショップを持っても
アクセスが集まらないので、
そのような場合はプラットフォームを利用し集客するのも有りです。


TPA生の中にもココナラのプラットフォームを上手く利用し集客して、
月収100万を達成された方もいます。


もちろんココナラだけで利益を出していくことも可能ですので、
ぜひ一度はココナラを利用してビジネスを加速させてみてくださいね。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ