人気ブランド構築のために五感に訴える

gokanどうも、ゆうきんです。

今回は人気ブランド構築のために五感に訴えるについてお話しします。

この記事を参考に、ブランディングで必要な五感に訴えることについて学んでください。


コピーライティングやブランディングで五感に訴えかける重要性については、
ビジネスの勉強をしている場合には、一度は聞いたことがあるかと思います。


・視覚
・聴覚
・嗅覚
・触覚
・味覚


これらを刺激することでお客さんは行動を起こしやすくなりますし、
五感は購買意欲に対して大きな役割を担っていると言うことができるのです。


ブランディングの際には、これら五感のどれか一つだけを刺激するというより
視覚と聴覚、視覚と嗅覚のように他の五感と組み合わせるのが効果的です。


ネットビジネスでは、まずは視覚(視覚的描写)に訴える必要があります。


視覚に訴えかけた上で、視覚的イメージを視覚と聴覚のように、
他の五感と組み合わせて使うことができないかを考えていくのがおすすめです。


視覚的描写に訴えかける場合は、ブランドを認識してもらうために必要な色
(ブランドイメージと合致する色)を当然使っていく必要がありますし、
まずは色を使いその色と構築したいブランドを結び付けていく必要があります。


例えば、コカ・コーラの場合はあの赤色を広告などでメインカラーとして使い、
緑やピンクのようにコカ・コーラと結びつかない色を使うことはないでしょう。


サイトを見ても、メインカラーを赤で統一し使っていることがうかがえます。


Appleのサイトであればシンプルな白ベースのデザインになっていますし、
Facebookであれば青、アメブロであれば緑になっておりその色を見たときに
無意識にそれらの会社を連想してしまうブランディングがなされているのです。


あなたが好きなブランドを思い浮かべてみると良いかもしれません。


何らかの色が必ずと言って良いほどメインカラーとして存在しますし、
その色とブランドを結び付ける戦略が一貫して取られていると言えます。


これは視覚を刺激し色とそのブランドを結び付けていくためなのです。


アフィリエイトでサイトを作っていく場合も全く同じであって、
まずは色でどのようなブランディングをしていくか考える必要があります。


ブランド構築において視覚を刺激する場合に重要なのは色だけではありません。


ロゴであったり、文章の文体も重要な要素になってきます。


どのようなブランドを構築するかによって作るべきロゴは変わりますし、
ネットビジネスであれば顔出しをするのかロゴでいくのかも変わってきます。


文体もどのような文体の文章を書くかによって伝わるイメージは変わりますし、
文体を通してお客さんのあなたに対するイメージを自在に操ることも可能です。


「お客さんの頭の中でのあなたに対するイメージ」


をどう創っていくのか・・・。
これによって視覚に対する刺激を変えていく必要があるのです。


ブランディングにおいて視覚を刺激することと並行して大事と言えることは、
先程もお話した通り「視覚と聴覚」のように他の五感を同時刺激することです。


ネットビジネスをしていく上で特に効果的なのは、


視覚×聴覚


の組み合わせと言えるでしょう。


具体的には、文字ベースのメルマガやPDF(視覚に訴える)と音声、動画
(聴覚に訴える)を使うことが挙げられます。


もちろん、視覚と嗅覚、触覚、味覚の組み合わせも効果的なのですが、
デジタルの価値だけに頼ったビジネスをしていると今の技術では難しいです。


匂いを出すパソコンがまだ販売されていない以上は、
メルマガやブログ記事の文章から匂いを出すことは出来ませんし、
ネット上でお互い肌で触れ合ったりすることももちろんですが難しいからです。


デジタルの価値でなくバックエンドなどでアナログの価値を重視した場合に、
他の組み合わせ(視覚×嗅覚、視覚×触覚、視覚×味覚)が可能になります。


物販を行う場合もこれら他の組み合わせも可能になりますし、
上手いネットショップなどは他の組み合わせを有効に使っています。


恋愛の場面を想像すれば分かるかと思いますが、
男性女性問わず匂い(嗅覚)を上手く利用している方は多いですし、
ラブレターに使っている香水を少し振りかけたりは良く行ったものです。笑


右肩上がりに利益を伸ばしているような有名なテーマパークなども、
この辺りの五感への刺激は非常に上手いなと感じる部分が多いですし
自分自身だけでなく、多くのコンサル生のブランド構築に
関わっている身としては非常に参考になったり学ぶべき部分が多いですね。


少し話がずれましたが、あなたがフロントエンドしか行なっていない場合は、
「視覚×聴覚」これ以外の組み合わせを特に意識する必要はありません。


あなたが情報発信ビジネスを行っているのであれば、まずは・・・。
「視覚×聴覚」の二つの感覚を刺激することに集中してみると良いでしょう。


「視覚×聴覚」を意識してブランディグをすることができるのであれば、
他のアフィリエイターに比べて突出したブランド構築が可能になりますので
ぜひ、今回お話しした内容を意識してブランディングをやってみてください。

ゆうきんの公式メルマガはこちらから

ネットビジネスメルマガ


下記の記事もお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ