ブランディング【第2回】機能的価値とは?機能的価値を丁寧に説明

機能的価値どうも、ゆうきんです。

今回は機能的価値についてお話します。

この記事を参考にして、機能的価値についての理解を深めていってください。


機能的価値とは?


まず、機能的価値はブランディングに必要な要素の一つであって
ブランド構築には機能的価値をどれだけ高めれるかによります。


機能的価値とは一言で言えば、

「製品やサービスの機能・性能が持つ基本的な価値」


のことを言います。


インターネットビジネスで言えば、

そのコンテンツが読者さんのお役に立てるものであって
求めている有益な情報を提供していると言えるのであれば、
機能的価値の高いコンテンツと言うことができます。


そして、

ブランド型のビジネスで有益な情報を提供しているか否かは、
量と質、実績の圧倒性から判断していきますので、
この先は、量質面での圧倒性、実績の圧倒性をお話していきます。


・量と質の圧倒性
・実績の圧倒的


この二つを総合考慮して、有益な情報か否かを判断します。


■量質面での圧倒性:


僕が推奨するネットビジネスでのブランド型ビジネスを前提にお話します。


サイトにアクセスを呼ぶための十分な量のコンテンツが備わっていて、
(十分なボリュームを備えている)
お客さんがサイトのコンテンツを見て役に立つと感じるのであれば、
十分な量と質を備えたコンテンツと言えます。


それだけではなく圧倒性を感じていただくためには、
時代の流れによって使えなくなるトレンドを感じるようなコンテンツではなく
普遍的に使われて・読まれ続けるようなコンテンツである必要があります。


そのためにも、普遍性あるコンテンツを意識して作成していきましょう。


さらに、有名な建築家が神は細部へ宿るとの名言を残したように、
細部への拘りやあなたの本気の念がにじみ出ているのであれば
そのコンテンツはある種のオーラを発することになりますので、
不思議と質の高い、機能的価値の高いコンテンツになっていきます。


もしも、あなたがコンテンツ作成で手を抜き
全力で作成していないのであれば、
それはコンテンツを見た読者さんに伝わります。


そのコンテンツによって、感動を与えることはありません。


手抜きのコンテンツで圧倒的なオーラを感じることはありませんし
そのコンテンツを見てあなたに尊敬の念を抱くこともないでしょう。


そうならないためにも、コンテンツの量質共に決して手を抜かず、
本気で全力で、あなたの念が伝わる程度のものを作るべきなのです。


創作時のあなたの姿勢が極めて重要になっていくわけです。


また、あなたの世界観に共感する理想の仲間を引き寄せた上で、
あなたのコミュニティで頑張る仲間にマイナスの影響を与えてしまう
アンチを引き寄せない視点も必要になってくると思っています。


そこまで配慮したコンテンツが、機能的価値では重要になってきます。


また、現代では多くの人が大量の情報を日々消費しています。


例えば、facebookでの知人からの情報、Twitterでの呟き、
テレビやネット、スマホでも簡単にニュースが読めてしまい
多くの情報が日々僕たちの隙間時間を狙って競争しています。


その結果、多くの人は自己防衛機能を高めるようになり
情報を右から左に流すかのようにすぐに忘れる傾向にありますし、
昨日食べたご飯でさえも思い出せなくなる人が多いです。


つまり、ただ単に機能的価値を高める情報やノウハウを提供しても、
情報過多の現代においては簡単に忘れられてしまうということです。


今はそういった時代だからこそ、あなたのことを忘れられないために、
強烈に印象付けるためにも量質面での圧倒性が求められているのです。



■実績の圧倒性:


圧倒的な実績は商品やサービスの信頼の証明になるばかりではなく
お客さんに安心感を与えることにも繋がります。


圧倒的な実績がある場合は、お客さんは安心して学びながら、
安心してあなたのコンテンツを消費することにも繋がります。


あなたのコンテンツを安心して消費できるということは、
あなたのコンテンツから素直に学んでいただけるということです。


その結果として、コンテンツの力を十二分に引き出して、
学んでいただく方に自然と結果を出させることにも繋がります。


それができることで、
自然な流れとして尊敬の念を抱いていただけるようにもなりますので、
機能的価値はガンガン高まりブランドは強固なものになっていきます。


さらに、圧倒的な実績を有しているならば、
その人は役に立つ発信をしているということですので、
機能的価値が高いのは当然といえるでしょう。


機能的価値の高め方


機能的価値は、製品であれば性能・機能などのスペック、
サービスであれば質をどんどん磨いていくことで高まります。


インターネットビジネスを実践しているのであれば、
先程お話した通りコンテンツの量質面だけではなくて、
実績面でも圧倒性を出すことで機能的価値は高まります。


ブランディングは機能的価値を高めることから始まりますので、
まずは今回の内容をしっかりと理解してブランドを構築していきましょう。


そうは言っても、機能面は努力次第で誰でも同じようなレベルに到達しますし、
機能的価値だけを高めてブランディングをしていては必ず限界がやってきます。


ですので、機能的価値を当然のように高めることができたのであれば、
その後は他の価値を高めていかないとライバルとの差別化は難しくなってきます。


そこで登場するのが感情的価値です。


機能的価値が高まれば次は感情的価値を高めていくことが必要になりますので、
第3回の記事では感情的価値について説明しようと思います。


第3回:感情的価値についてはこちらから


機能的価値のまとめ


機能的価値が高いか否かは、
読者さんに役に立つ有益な情報を提供しているか否かで判断されます。


役に立つ情報か否かは、

・両質面での圧倒性
・実績の圧倒性

を総合考慮して決する。


量質面の圧倒性を感じていただくには、

・細部へのこだわりがあるか
・本気の念が感じ取れるか
・普遍的なコンテンツか
・ボリュームがあるか

この四つが特に重要な要素になります。


実績の圧倒性は、

・月収100万円
・月収1000万円

などが分かりやすい実績になりますし、
今の時代性からすれば月収100万円の実績があれば、
十分圧倒性を感じるに足りると言えるでしょう。

ゆうきん公式メルマガはこちら

ネットビジネスメルマガ


おすすめの関連記事になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ